はじめに

「こだま登山部」は少人数で正しく山歩きを楽しむグループで30~60歳代の方が中心です。

計画、装備、歩き方、下り方などを学びつつ山を歩きます。

初級者、笹尾根縦走や秀麗富嶽十二景、ロングトレッキング、テント泊へと少しずつステップアップ。

企画は全て登山ガイド同行プランで、公益社団法人日本山岳ガイド協会所属の登山ガイド(こだまやすし)が同行します。

出発日一覧表に掲載の山歩きコースは体力別にコースのレベルを2~4に分けています。

体力に自信のない方は、レベル「2」のコースに何度も参加してください。そして、「3」のコースに参加したい場合には、同行ガイドに相談してください。同行ガイドが〇〇さんは、「3」でも大丈夫ですよ、となれば、「3」のコースにご参加いただけます。

登山の下りが苦手な方、下りに時間がかかるのよねー、という方は「3」のコースには参加できません。「2」のコースでは山の歩き方、下り方のコツ、練習方法などもレクチャーしますので、「2」で技術や体力を向上させ、「3」のコースを目指しましょう。

「2~4」のレベル分けについては、歩行ペース、気候条件、日照時間の長短などをまとめ、総合的に考えた結果です。「2」でも楽でないコースが含まれています。

平日の「2」コース 歩行時間も短く、登る標高も少ない計画。山歩きがはじめて、あるいは、最近まったく山登りをいなかった方向けのコースです。毎月すこしづつ山登りに慣れて経験を積み重ねると同時に体力の衰えも防ぎます。休むと、体力はもとに戻ってしまいます。あるいは、もっと体力がなくなってしまいます。山を歩いていない方は、太ももの筋肉が少ないため、ちょっと登りが続くと足がつったりしてきます。山中での足つり予防には、階段歩きが効果的です。山に行かない日は、家の中でも構いませんので、階段歩きを継続しましょう。あとはバランスを磨きましょう。片足立ちが有効です。

初級の「2」コース 体力はないけれど、もう少し山登りの不安を減らしたい。見よう見まねで山登りを始めたけれど、しっかり学んでみたいという方向けのコースです。東京周辺の低山を歩きながら、毎月1回登山をし、夏には富士山など山小屋泊のコースを目指します。このコースも休むと続かなくなりますし、トレーニングもしないで、富士山を目指すなど無茶なことだと思います。しっかり準備しようという方向けの講習会です。この初級の「2」のコースに参加の方で希望の方には、この夏の富士山コースに限り使える富士山割引券(3,000円相当)を差し上げます。※お一人様3枚まで利用可=つまり参加費が9,000円安くなるという話です。当日キャッシュバックとなります。)山にある程度慣れてきたら、東京周辺のいろいろな山があることがわかってくると思います。アルプスや八ヶ岳とう大きな山ではありませんが、富士山の好展望の山や、都県境に続く尾根をつなげて歩いたり、いろいろな山の魅力や楽しみ方を発見しましょう。 

「3」ロングトレッキング 山登りの回数が増えると、自分がガイドブックなどに掲載されているコースタイムで歩けるかどうかが、わかってくるでしょう。少し自信がついてきた状況だと思います。そこで、長く山を歩くロングトレッキングに参加しましょう。コースタイムで選ぶのが良いでしょう。お勧めもありますので、何でも質問してください。いよいよ大きな山への準備となります。体力、持久力、バランス、荷物の重さに負けないようにあるくコツ、総合的な山登りの要素がつぎつぎ出てきますので、ひとつひとつクリアして準備しましょう。天候判断やメンバーの様子などにも気を使える余裕が出てくるとよいですね。

「3~4またはまれに5」テント泊や避難小屋泊のコース このコースに参加するためには、ロングトレッキングに数多く参加し、重い荷物を背負って、長い時間をあるき通すことができる力が必要になります。ロングトレッキング中にリュックを少し重めで参加すると良いと思います。(2リットルコーラを背負ってくるのもいいでしょう。)※なお、これらのコースが歩けたからベテランというわけではありませんので、注意してください。あくまでも、慎重に計画をたて、山のリスクをたくさん想定し、それをさける準備をして、心配な場合には、同行者を求め、あるいは講習会に参加するなどして、安全な山登りを目指して、山歩きを楽しみましょう。無理は禁物です。

出発日一覧表 ←はこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。