2019年1月13日(日)コース変更

2019年コース変更
1月13日(日) もともとは陣馬山から高尾山でしたが、ご希望の方がいらっしゃらないので、コースを変えます。
こだま登山部 「扇山から百蔵山へ B 」
扇山から百蔵山へ長めのコースで歩きます。(既に発表しているコースよりは少し大変です。地図見ていただければわかるのですが、右から始まり、左端まで歩きます。※サルと犬と鳥がつく地名があります。)既存のコースはAです。
詳しくは、出発日一覧表で。https://www.yamareco.com/modules/yr_plan/detail-699490.html

年末年始の申込締切日

年末年始のコースの予約締切は12/27 12:00までとなります。1/6発のコースまで、12/27 12:00までに全てのお手続きをお済ませください。

どうぞよろしくお願いいたします。

ファーストエイド基礎講習

 山でも役立つファーストエイド講習会をクリスマスの日に行います。

詳細はこちらからご覧いただき、お申し込みください。先着順で10人程度で実施の想定です。まもなく定員です、お早めに予約ください。どうぞよろしくお願いいたします。https://kodamatozan.com/mfa/

講習会の後は、近くの中華屋さん(名店)でクリスマスパーティです。

クリスマスパーティから参加の方は、17:30に光華亭に集合です。出席希望の方は、LINE@でお知らせください。

国内旅行保険について

今回のコースには国内旅行傷害保険(東京海上日動)が下記の内訳で付保されております。あらかじめご確認ください。

補償項目、保険金額など

死亡・後遺障害 1000万円

入院保険金日額 5000円

通院保険金日額 1500円

賠償責任担保(免責0円) 3000万円

救援者費用等担保200万円

※web約款http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/pdf/kokunai_yakkan_171201.pdf

LINE@ の アカウント

公式アカウント的なものを作ってみました。お友達に追加いただいて、メッセージをいただけますと幸いです。試験運行中でもありますが、メッセージをいただいた方へは、登山部の山行中で何かしら(例えばミルクティープレゼントとか、山のバンダナプレゼントとか)のお礼をさせていただきます。

また、このアカウントから一ヶ月に1回程度、お知らせなどを送信させていただきます。

登録は以下のリンクからお願いいたします。

友だち追加

12/23 甲州高尾山に行きます

イメージは澄み切った青い空と遠くに望む雪を纏った南アルプスと富士山

展望台からは夕景の御坂山塊が。もう少しで日が暮れるタイミングで展望台。

中央線沿線からも見える山です。一緒に行きましょう。 ※一応軽アイゼンを用意ください。レンタル軽アイゼンは200円500円です。

詳細は、甲州高尾山

実施が決まったコース

一覧表の見方

最少催行人数が揃って、実施を決めたコースには、一覧表のコース名の前に「確」のマークを入れております。参考にしてください。

12月は高川山以外は実施が決まりました。ありがとうございます。まだまだ受付中です。

ごあいさつ

このページにお越しいただきありがとうございます。

 さて、本日(12月1日)から立ち上げましたホームページでは、東京周辺の山歩きを少人数でご案内するプログラムをご紹介させていただきました。近場の山を回数多く登ることで、少しずつ経験をつみ、体力がしらずしらずについてくる。また、ステップアップすることで、日帰りではあるものの、長時間歩行もできるようになる。そして、東京周辺を離れ、大きな山へ出かけても、歩行力があるので、心配するほどでもなく登れてしまう自分に気づく山歩きをお手伝いさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 山歩きがはじめての方には、登山用品店での道具選びからお手伝いいたします。そして、「軽登山」にご参加いただき、山登りの基本を知りましょう。次に、少し歩いてみましょう。直近では、「軽登山」で陣馬山に登り、大丈夫であれば、次の「初級者講習会」へ進みましょう。「初級者講習会」は9月に雲取山を目指します。それまでに日帰りの山を最低毎月1回は登り、体力と経験を積みましょう。「初級者講習会」の次はロングトレッキングや山小屋泊の縦走登山となります。北アルプスの白馬岳や屋久島・宮之浦岳を目標として、ロングトレッキングを歩きます。その次は「岩稜歩き」となり、別プランでご案内いたします。

 というわけで、まったく山がはじめての方が、これから山を始めようとする場合、毎月1回は山に行くと考えれば、2年から3年はかかることになります。「軽登山」から「初級者講習会」へ、そして「ロングトレッキング」の順番です。慌てず、焦らず、怪我しないよう(毎週は行き過ぎです。体に疲れがたまり、怪我のリスクが高まります。)、ゆっくり山を楽しみましょう。でも2年後には、いろいろな山の楽しみを知り、山ともがたくさんできている、今までと全く違う人生が始まっていると思います。

 では、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

平成30年12月1日  児玉やすし