雪の乗鞍高原と上高地

1月の宿泊プランは、乗鞍高原と上高地になりました。スノーシューであるく雪原、動物の足跡や、凍った滝、静寂。夏山とはまったく違う冬のハイキングをお伝えしたいと思います。防水性の高いトレッキングシューズでご参加ください。

詳しくは、こちらから。 夕食は、食材を購入しての自炊となります。

https://www.yamareco.com/modules/yr_plan/detail-937472.html

朝ラン トライアル始まる

平日の夜の皇居ランは来れないけれど、朝なら行かれるかもという方のために、こだま登山部主宰 朝ランを始めます。第2、第4火曜日の朝に、東京駅近く新丸ビル地下1階にあります、BIKE&RUNに着替えて集合。(BIKE&RUNの利用をおすすめします。)  https://n-p-d.co.jp/bike-run/  

桔梗門まで移動して、準備体操、最初は一緒に歩くところから足慣らし。皇居ランに慣れてきたら、各自のペースで走ってください。皇居ラン終了後は、流れ解散です。

登山のためのバランス・体幹づくり、足の筋力を鍛える、心肺機能を鍛える、風邪に負けない体つくり、など、様々な効果を期待できます。お気軽にご参加ください。

参加希望の方は、#こだま登山部へ 件名 朝ラン希望 メールでお知らせください。

忘年会&クリスマス会

こだま登山部は、皆さまとともに、この12月1日でようやく1年を迎えます。その御礼と部員の皆さま同志の親交を深め、来年も良い年が迎えられるよう忘年会とクリスマス会を兼ねた部会を開催いたします。皆さま、ぜひ、ご出席ください。そしていつまでも仲良しでいましょう。予約制・3980円 定員30人

催しの内容は追々追加していきますが、大まかには以下のとおりです。

開催 2019年12月5日(木) 19:30~21:30

場所 ローズ アンド クラウン 丸の内店 

   https://www.dynac-japan.com/shop/roseandcrown/marunouchi//

会費 3980円 +1000円以内のプレゼントをお持ちください。

予約  https://kodamatozan.com/application/  ←こちらからお願いいたします。

11月末の企画について

皆さまへ 11月末のコースについてのご案内です。 


11月30日と12月1日の両日については、ガイド研修に参加することとなり、企画をお休みさせていただくこととなりました。レスキュー&ファーストエイド研修に参加できることとなり、また時期が限定されている研修のため、こだま登山部をお休みさせていただくこととなりました。参加をご検討中の方には申し訳ございません。ご理解ください。


なお、12月1日に予定しておりました陣場山でのイベントですが、これは、協力いただける予定でした山頂の「信玄茶屋」さんが、台風で被災され営業ができなくなってしまわれたので、年明け以降の営業再開が決まり次第、応援企画の意味もこめて、再設定させていただければと存じます。 


また、忘年会兼クリスマス会については、ただいま平日夜で検討中ですので、別途ホームページでお知らせさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

出発日変更のお知らせ

台風19号の関係で、コースの実施を延期したものがいくつかありますので、まとめます。

軽くなると嬉しい

おはようございます。突然ですが、昨日のファーストエイド講習会で、装備チェックをさせていただいた方がいらっしゃいます。

少し見させていただきましたが、ザックの収納の余裕も出て、まだまだ食料などが入っても大丈夫そうでした。パッケージや入れ物などの工夫で、まだまだリュックは軽くなりそうです。
こういうふうに、実際の目視確認ができることがとても望ましいと思いました。
わざわざ、ザックをお持ちいただきまして、ありがとうございました。

さて、同じ装備品でも、メーカーや素材などで、重さが違うため、一回、以下のリストの荷物をザックに入れて、重さを図ってみてください。(固定キャンプからの日帰り登山ではなく、避難小屋縦走またはテント縦走をしようと思う場合。)

とにかく全部入れて、重さを測ってみてください。

全部入れて重さを測ったら、8kgの方や10kgの方、14kgの方もいるでしょう。そこが今回のスタート地点です。

必要なもの(今回の場合は、以下のリスト)がリュックの中に入っていること。
山に必要なものを持ってきていない、ということは、自分が困る場合もあるし、他の人にも迷惑がかかる場合があります。そういう事がないように。

なんで、こんなに重いんだ? から工夫が始まります。包装を簡略にしたり、タッパーではなく、ジプロックにするとか、救急箱はやめて、ビニール袋にするなどの工夫です。
場合によっては、ストックの材質であったり、ザックのポケットの多さや、ゴテゴテのウエストベルトだったり、といろいろ工夫の余地が見つかるかもしれません。

そして歩いてみる。縦走に行くということは、こういうことなんだぁ。歩けるかなぁ?歩いてみよう。荷物を軽量化するか、重い荷物を背負って歩けるようにトレーニングするか。

何キロ背負えれば大丈夫ですか? という質問ではなく、
これらのものを全部入れて荷物の重さを測ったら、何キロでした。それを背負って、一日約8時間、標高差800m登ったら、最初はしんどかったですが、途中から大丈夫でした。とか、全然無理でしたー。とかの感想になると思うのです。

https://kodamatozan.com/2019/09/26/tent/

テント泊縦走を目指して

固定テント泊もいいけれど、どうせなら、避難小屋泊やテント泊縦走をしてみたい。そういう方のための入門アドバイスです。憧れだけでは山は登れず、しっかり準備して、他の人に迷惑をかけることがないようにしましょう。歩くのは自分です。

①実際の荷物の重さを図ってみましょう。

内容物:寝袋、マット、水4リットル(行動食と予備の食料用の水の総重量で大体3~4キロと仮定)、着替え一組(Tシャツ予備、下着、靴下、タオルを含む)、防寒着(フリースとダウン、毛糸の帽子、毛糸の手袋)、雨具上下、ロングスパッツ、雨用手袋、トイレットペーパー、雨用帽子、レインカバー、ストック(ダブル)、ヘッドライト(予備電池)、食器(スープボール2が望ましい。お茶兼用)、スプーン、カメラ、GPSつきスマートフォン(GPSアプリを入れて現在位置の標高がわかるようにしておくこと)

② ザック込みで、何キロになったか、教えて下さい。

ザック込みで、何キロになったか、教えて下さい。プラス2kgで、屋久島の実際は歩くことになります。(プラス2kgは共同装備のテントなとと共同食料などです。)

③その荷物を背負って、日帰りでも良いので、どこか近場の山を歩いてください。

登山部企画に参加するときがあれば、そのときに予行演習しましょう。登山部中であれば、その場で、いろいろアドバイスができると思います。

④ヤマレコでコースタイムの係数を出してみてください。コースタイムどおりで歩けたかどうかを、教えて下さい。

日帰りに行ってみて、現場で危機感を感じたら、水を少し減らしてみましょう。これなら、コースタイム通りで長く歩けるという重さが見えてくると思います。意気消沈しないでください。それが現状把握ということです。現状以上の負荷をかけて、苦しい思いをするのは、自分なので、当日後悔しないためにも、ここでしっかり現状把握をしておきましょう。山は逃げません。焦ることもありません。

※テント泊縦走とは、テントなどの装備を背負って山を縦走することです。当たり前ですが、途中で引き返したら、縦走にはなりません。そのため、計画や縦走目的の山やコースによっては、「ゆっくり歩けば大丈夫です。」が通用しないことがあります。体力づくりや筋力トレーニング、ヨガなど、できる準備は、しっかり準備して望みたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。 ※写真は八十里越 2020年10月に予定。

お友達紹介割引について

いつもご参加いただきありがとうございます。皆さまの「お友達」を是非こだま登山部にお誘いください。お友達が、コースに参加された場合(一緒でなくても構いません)、ご紹介いただいた方(紹介者)へ、次回以降に使える割引券(日帰りは3000円、宿泊は5000円)を差し上げます。お友達に「誰々さんからの紹介です」と、申込フォームに記入するようお伝え下さい。

※お友達の当日参加により、この割引は成立します。

※紹介者は部員であること、お友達は新入部員となります。

きのこ採れました。

今年は夏の天候不良で、きのこが採れないと心配されておりましたが、本日、きのこの名人の都倉さんから「きのこ採れたよ」と大変うれしい連絡が入りました。というわけで、「9月28日(土)金時山ときのこ」は予定通り実施されます。また、イメージとしてはきのこ汁だということです。まだ、まだ受付可能ですので、9月26日までにご予約ください。足柄峠がきのこを味わう場所となります。きのこだけが目的の方は、JR足柄駅からタクシーで足柄峠にお越し下さい。では、どうぞよろしくお願いいたします。※写真は、矢倉岳山頂からの富士山と都倉さん(私も)

https://www.yamareco.com/modules/yr_plan/detail-790515.html

参加費改定 12月1日出発コースから

皆さまへ 10月1日からの消費税増税にともない、参加費を以下の通りに改定することといたしました。 12月1日出発以降のコースに適用いたします。

◎東京周辺 (東京、山梨、神奈川、埼玉、千葉の5エリア)の日帰り

 6,800円→6,900円 ガイドレシオ 7~8:1

◎長野・静岡の日帰り 

 8,800円→8,900円  ガイドレシオ 7~8:1

◎その他

 その都度、募集要項に掲示します。 ガイドレシオ 7:1(変更なし)

※ご不明な点などございましたら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。